トップ / 過食嘔吐を引き起こす原因

過食嘔吐を引き起こす原因

過食嘔吐の原因と症状

激しい自己嫌悪から発症する過食嘔吐 

過食嘔吐は家庭環境や仕事のストレス、人間関係など様々なストレスが引き金となって引き起こす病気ですが、もっとキレイになりたいとダイエットに励んでいる女性にも多く見られる症状です。食欲をコントロールできずに満腹でも過剰に食べ物を摂取してしまうことから、食べ過ぎてしまったことへの罪悪感や太りたくないといった恐怖感が心理的に働いて、自発的に食べ物を吐きだしたり、下剤などを乱用して体外に排出することで安堵感を得る行為です。過食嘔吐は食べ物と同時に多くの胃酸を排出するので歯が溶けてしまったり、ミネラル分も失われるので

カウンセリングを早めに受診 

人はだれしも、気分の浮き沈みや落ち込みを経験します。対人関係や、仕事のストレスなどで落ち込んだり不安になったり悩んだりします。しかし、あまりにも落ち込みや気分の浮き沈みが激しくて、長期化するようでしたら早めにカウンセリングを受診しましょう。心療内科や精神科などに行って、自分の症状や不安な気持ちなどを先生に話してみましょう。話すだけでも、気持ちが楽になる場合があります。そして、必要に応じて薬などを処方してもらいましょう。晴れやかな気持ちで生活するためにも、ぜひ早めにカウンセリングを受診しましょう。

摂食障害に関する情報

© Copyright 摂食障害の拒食症という病気特性. All rights reserved.