トップ / 歯周病は日頃のケアが重要

歯周病は日頃のケアが重要

歯周病の定期ケア

日頃のケアが大切な歯周病予防 

歯周病は口の中の細菌によって歯茎が炎症を起こしたり、進行すると歯を固定している顎の骨を溶かして歯がぐらつくようになったり、抜けたりする病気です。大人が歯を失う大きな原因の1つで、いったん顎の骨が溶けるまでになると顎の骨は再生しないため、歯周病は悪化してから治療を行うよりも予防が大切です。予防には日頃の歯磨きと、定期的に歯科に通って健診を受けること、歯磨きだけでは落とせない汚れのクリーニングを受けることなどがあります。

摂食障害に関する情報

© Copyright 摂食障害の拒食症という病気特性. All rights reserved.