トップ / 摂食障害と自助グループ

摂食障害と自助グループ

摂食障害との関わり方

病気,摂食

摂食障害という病気からの回復 

摂食障害は心因的な原因から沢山食べてしまう過食や、反対に食事をまったくとることができない拒食に苦しみ、体に負担をかけてしまう病気です。通院により相談や投薬治療、入院をすることもありますが、日ごろの生活や根本的な原因の自己理解のためには、自助グループに参加をして、同じような病気で苦しんだ経験をされている方とお話したり、相談をしあう機会を設けることも大変意味があるでしょう。摂食障害をサポートしている自助グループは全国各地域に数箇所ずつありますので、インターネット等でイベントや開催情報を探してみることをおすすめします。

摂食障害の悩みの相談 

精神的な病気は誰かに話しを聞いてもらう事で楽になる事も多いです。摂食障害の相談については、自助グループがいくつもあります。同じ境遇の人たちが集まるので、ちょっとした悩みも共感しやすいですし、心を許して話し合う事ができます。自分の事を話すのは最初は辛いものですが、仲間と語り合うことで、たとえすぐに問題解決に至らなくても安心した時間を過ごすことも出来ます。自助グループといっても、何も難しいことをするわけではありません。一つの場所に集まって、各々好きな事をする趣味グループのような感覚の所が多いです。病気が治るというよりも、前向きに向き合えるようになるかもしれません。

摂食障害に関する情報

© Copyright 摂食障害の拒食症という病気特性. All rights reserved.